航空学校選びのポイントとして注目したいのは、まずは就職率の違いについてです。その学校を卒業してライセンスについてもしっかりと取得した後は、その資格を活用して仕事探しという話になるわけですので、就職率については注目しておきたいところですね。航空学校もピンからキリまであり、就職のことはあまり考えていない学校もありますので、将来パイロットとして働きたいのであれば、学校選びの段階で自分の希望に合っている学校を選べるのがベストと言えるでしょう。

パイロットは需要も高く、対して供給は少ないという特殊な業界です。事業用操縦士の資格を取得してさえいれば、引く手も数多ですが、自家用操縦士までしか取得していない場合には、仕事に活用することは難しく、従って就職率も下がってしまう傾向にあります。換言すれば、就職率の高さは資格の取得率の高さと比例関係にあると言え、就職率の高い学校はたいていの場合、資格の取得率も高いです。航空学校はいくつかありますが、中には高い授業料を支払って自家用までしか面倒を見ないという学校もありますので注意してください。また、学校によっては先生方のコネが物を言うというケースもあります。やはり学校選びは大切なんですね。