パイロットの仕事内容と収入

ヘリコプターのパイロットは需要が高いと先に述べました。実際に必要になるシーンとして考えられるのは、自衛隊や海上保安庁といった国防などと関係するシーンや、医療においてもドクターヘリという形で活用されていますね。この他にも航空会社などの一般企業でも必要とされているほか、マスコミが取材のために雇うというケースもあるなど、意外と幅広く需要があるのがヘリコプターパイロットの特徴です。収入については、こちらもピンからキリまでと言わざるを得ません。実際にパイロットとして働いている人の収入はだいたい1000万円から1500万円前後で、人によってはそれ以上の年収を稼ぎだしているという方もいます。パイロットになるまでの費用がかなり高くついてしまうことを考慮しても、将来性のある仕事ですので、考え方によっては先行投資だと言えなくもありませんね。

とはいえ、事業用回転翼操縦士の資格はそう簡単に取得できるものでもありませんので、エリートコースと言えるかもしれません。ライセンス取得までに必要となるのはお金だけではなく、時間も訓練も学力も、かなり高レベルで必要となります。将来のことをよく考えて、道を選択してみてください。

{ Comments are closed }

免許取得のための費用について

免許を取得するために学校へと通うということは、当然ながら学費も発生することになります。自動車学校へ通って試験を受けて自動車免許を取得するのと同じようなものです。しかし自動車免許のように安く、簡単に資格を取得できるわけではありません。学費はおよそ1000万円前後、学校によっては1500万円程度必要になることもあります。総じて言えることは国内でライセンスを取得するためには多大な費用が発生するということですね。これは国内でヘリコプターを飛ばすためには費用が高くかかってしまうという理由があります。海外ならば生活費を別に400万円程度の授業料で自家用ライセンスを取得できるケースが多いため、自家用までは海外で、国内に戻ってから海外ライセンスから国内ライセンスへと書き換え、そして事業用ライセンスの取得という流れも主流になりつつあります。

海外での就学生活は言葉の壁もありますので、日本人からすると手が出しにくいものではありますが、しかしながらどちらにせよパイロットという仕事は英会話スキルも必要になりますので、語学留学的な意味も含めて、海外の学校を選ぶのも有力です。勿論日本国内で全てのライセンスを取得することも可能なので、最後は皆さん次第と言えますが。

{ Comments are closed }

就職率の違いは大きい

航空学校選びのポイントとして注目したいのは、まずは就職率の違いについてです。その学校を卒業してライセンスについてもしっかりと取得した後は、その資格を活用して仕事探しという話になるわけですので、就職率については注目しておきたいところですね。航空学校もピンからキリまであり、就職のことはあまり考えていない学校もありますので、将来パイロットとして働きたいのであれば、学校選びの段階で自分の希望に合っている学校を選べるのがベストと言えるでしょう。

パイロットは需要も高く、対して供給は少ないという特殊な業界です。事業用操縦士の資格を取得してさえいれば、引く手も数多ですが、自家用操縦士までしか取得していない場合には、仕事に活用することは難しく、従って就職率も下がってしまう傾向にあります。換言すれば、就職率の高さは資格の取得率の高さと比例関係にあると言え、就職率の高い学校はたいていの場合、資格の取得率も高いです。航空学校はいくつかありますが、中には高い授業料を支払って自家用までしか面倒を見ないという学校もありますので注意してください。また、学校によっては先生方のコネが物を言うというケースもあります。やはり学校選びは大切なんですね。

{ Comments are closed }

ヘリ免許は目的によって違う

まずはヘリコプターを操縦するために必要となるライセンスについてご紹介します。ヘリコプターの操縦ライセンスは回転翼操縦士と呼ばれており、これには自家用と事業用の2つに区分されることになります。自家用ライセンスは自分だけで操縦するための資格で、人を運搬するなどの目的のフライトはできません。これに対して事業用の回転翼操縦士は、仕事として人を運搬するなどのフライトが可能で、ヘリコプターのパイロットとして仕事をしたいのであれば、こちらの事業用ライセンスを取得する必要があります。自動車にも第一種と第二種があるのと同じように、ヘリコプターの場合も自家用と事業用の2つが用意されているわけですね。

自家用、事業用のどちらのライセンスを取得するにせよ、学科の他に実際にヘリコプターを操縦する必要がありますので、個人で資格取得に向けて勉強をするという道ではなく、専門の学校へと進学するという道が一般的になっています。航空学校へと進学するか、もしくは大学卒業後、民間企業のパイロット養成コースへと進むのが王道です。一応触れておくと、事業用のライセンスを取得するためには自家用のライセンスが必須条件になりますので、どちらを目標にするにせよ、自家用からスタートすることになります

当サイトでは、ヘリ免許取得スクールの選び方と、資格の難易度、費用について紹介していきます。現実問題として、どのくらい難しいのか、目指す価値はあるのかなどについて、見ていきましょう。

{ Comments are closed }