まずはヘリコプターを操縦するために必要となるライセンスについてご紹介します。ヘリコプターの操縦ライセンスは回転翼操縦士と呼ばれており、これには自家用と事業用の2つに区分されることになります。自家用ライセンスは自分だけで操縦するための資格で、人を運搬するなどの目的のフライトはできません。これに対して事業用の回転翼操縦士は、仕事として人を運搬するなどのフライトが可能で、ヘリコプターのパイロットとして仕事をしたいのであれば、こちらの事業用ライセンスを取得する必要があります。自動車にも第一種と第二種があるのと同じように、ヘリコプターの場合も自家用と事業用の2つが用意されているわけですね。

自家用、事業用のどちらのライセンスを取得するにせよ、学科の他に実際にヘリコプターを操縦する必要がありますので、個人で資格取得に向けて勉強をするという道ではなく、専門の学校へと進学するという道が一般的になっています。航空学校へと進学するか、もしくは大学卒業後、民間企業のパイロット養成コースへと進むのが王道です。一応触れておくと、事業用のライセンスを取得するためには自家用のライセンスが必須条件になりますので、どちらを目標にするにせよ、自家用からスタートすることになります

当サイトでは、ヘリ免許取得スクールの選び方と、資格の難易度、費用について紹介していきます。現実問題として、どのくらい難しいのか、目指す価値はあるのかなどについて、見ていきましょう。